マサミフーズ・インク



ビーフ・トレーサビリテイ

食の安全に対する関心の高まりから、特に商品履歴を明確にする仕組み、すなわちトレーサビリテイー(トレース・バック)システムを開発してまいりました。

マサミ・キャトル・ランチでは牛一頭、一頭に従来の耳標と、電子耳標(電子タグ)を装着して、個体履歴を管理しています。当社マサミフーズでは、と畜後の枝肉に耳標番号と一致した管理番号を付けて、データを整理しています。

包装、箱詰めされた製品では、その箱一つ一つに照会番号を書いたラベルが貼付されますが、このラベル上の番号が、牛のデータベースにつながる重要な キーになっています。

この照会番号をいただければ、原料である牛の個別の履歴を検索し、例えば誕生月やと畜時の月齢等、トレースバックに必要な情報を提供することができます。



会社紹介 私達について 農場 加工処理ルーム 骨抜きとカット
包装と箱詰め 出荷 ソーセージ ビーフトレサビリティ